フォークリフト購入のヒント


経済発展に伴い、物流はますます重要になり、企業の物流設備に対する需要は高まる一方です。これまでは、企業が自ら重機や物流設備を一括購入したり、物流チームを立ち上げたりしていました。しかしながら、最近は自社購入ではなく、レンタルで物流設備を導入する企業が増えています。尚、西欧諸国では、レンタルで導入する企業の割合が60%以上に達しています。

賢明な経営者は、キャッシュ・フローの重要性と共に、資産は所有することではなく、それを利用することによって、はじめて利益を生み出すことができるということを認識し始めました。物流設備をレンタルすることで、企業の物流コストを下げると同時に、効率的にキャッシュ・フローを生み出すことができます。


企業で購入される物流設備の中で、フォークリフトは必要不可欠なものであり、単価も高い設備の一つです。企業がフォークリフトの導入を検討する際、考慮すべき点は多数あります:例えば、需要に基づいて何台フォークリフト導入するか?また、5GやAI技術を活用した車輛管理を導入するか?車輛のメンテナンスや備品、アフターメンテナンス体制はどうするか?等。

このような検討項目の中でも、フォークリフトのメンテナンスは、物流システム全体の高効率的な運営を決定づける要素であり、良い設備の導入と導入後適切なメンテナンスを行うことで、その価値を最大限に発揮することができます。フォークリフトが、導入後のライフサイクルで安全、且つ、良好な状態を維持するためには、相応のメンテナンス・コストが必要です。また、時間の経過に伴い、故障やトラブルが発生する頻度も高まり、メンテナンス・コストも使用年数や使用時間に応じて増加します。

フォークリフトのメンテナンス・コストを具体的に計算する際、どのような要因を考慮する必要があるでしょうか?
実際、フォークリフトの調達コストは、全てのライフサイクルの中では、コストの一部しか占めていません。最悪の場合、ライフサイクルの中で、メンテナンス・コストが本体価格の二倍になる可能性もあります。

どのようにフォークリフトを選ぶべきか

01
ブランド
一般的に、有名なメーカーの機械は、より良い設計と信頼性を備えています。また、部品の調達も容易いに可能です。一般的に、有名なブランドの機械は、部品の長期供給を保証しています。

02
配備台数
フォークリフトの配備台数は、費用を考慮する際に最も重要な要素です。また、当然、年度の維持コストにも影響します:

  • 設備の種類:カウンター・バランス・フォークリフト、倉庫設備、特殊フォークリフトなど
  • ドアフレーム型:2級ドアラック、3級ドアラック、4級ドアラック
  • タイヤの種類と性能:空気式タイヤ、溝の有無や耐摩耗性
  • 付属設備:回転盤など

03
年間利用量
フォークリフトの稼働時間が長いほど、メンテナンス作業が多くなり、摩耗や故障による部品交換の頻度も増加します。そのため、フォークリフトの使用時間は、ライフサイクルにおけるメンテナンス・コストに大きく影響します。

04
エネルギー・タイプ
特定影響下では、ガソリン、LPG(液化石油ガス)又はディーゼル・フォークリフトの維持コストが、電気フォークリフトよりも高くなります。なぜなら前者は、メンテナンスのたびに交換する部品が電動フォークリフトと比べて多いからです。

  • 電気フォークリフト:電気フォークリフトの日常的なメンテナンスは、主に電気部品の表面をきれいに除塵し、各潤滑点に潤滑油を差し込み、蓄電池の入替えます
  • ガソリン、LPG(液化石油ガス)、又は、ディーゼル・フォークリフト: 電気系統の除塵のほか、ガソリン、LPG(液化石油ガス)、又は、ディーゼル車の日常的なメンテナンス業務は、エンジンオイルの交換、ろ過機、液化石油ガスカートリッジ及び空気カートリッジ、点火プラグ、不凍液などの検査と交換が必要になります

05

定格荷重
フォークリフトの荷重トン数が大きいほど、より多くのコストや手間が必要となり、予防的なメンテナンスやメンテナンスのための備品コストも高くなります。どのような車両と配置が、ニーズを満たすことができるかなどきちんとした精査が必要です。

06
環境
環境は、設備の規格選択の重要な要素の一つです。設備を選択する時、以下の方面から全面的に検査を行います。

  • 温度:極端な温度での使用は、より多くの検査が必要になります
  • 床材:床材の材質や滑らかさは、タイヤ交換の頻度に影響します
  • 購買:勾配での利用は、ブレーキシステムに負担がかかり、メンテナンスとメンテナンスの回数の増加につながります

o7
日常メンテナンス

  • 壊れやすい部品の交換
  • 安全システムの検査、メンテナンス
  • フォークリフトの定期検査
  • 故障検査、補修

このように、企業のフォークリフトへの投資は、専門的なシステム工程であり、通常の重機の購入以上に、専門性が求められます。より良い物流設備を導入し、企業のキャシュー・フローの効率を高めるためには、フォークリフトのレンタルは、非常に有効な手段です。弊社は、中国のフォークリフトのレンタル市場の拡大を目指します。

 

ASAPのソリューション提案

ASAPの360°全方位型のソリューションは、フォークリフトの導入に関わる、総コストを管理します。復数のブランドや複数の製品群を対象とし、あらゆるニーズへの対応と予算とのバランスをとることができます。例えば、単一ブランドのフォークリフトを購入して使うのではなく、複数のモデル、エネルギー使用タイプの車輛を計画的に配備し、更に、最適化されたメンテナンスの実施により、初期資金投入とメンテナンス・コストの両方を節約します。
すべての設備はメンテナンスと修理を行う必要がありますが、ASAPは修理の回数とコストを削減し、より良い車両性能の引き出しと高い効率性を実現します。

 

お問い合わせ

詳しい情報を入れてください、こちらからご連絡いたします。私たちは、受け取る個人情報を適切に保護し、合法的な商業上または法律上の理由で必要な時間を確保するために最善を尽くします。

企業の成長発展の良きパートナー

質問がありましたら、ご連絡ください:
+86 21 5465 7967

グロバール 拠点